薄毛の原因に合わせた育毛剤を選ぶと効果が高い

抜け毛を防ぐ

男女

大阪でも人気のある育毛剤の一つにプロペシアというものがあります。これは服用して体の中から効果を発揮する育毛剤ですが、薄毛の原因であるDHTの生成を抑えることで抜け毛が少なくなります。

もっと見る

使用するときの注意点

男性

東京の医療機関で処方されるザガーロは男性の薄毛解消に効果があります。簡単な問診によって処方されるものですが、女性や未成年者の人が誤って飲んでしまったり皮膚に触れてしまったりすると危険なので注意が必要です。

もっと見る

種類による特徴の違い

男の人

梅田で行われる人工植毛では合成繊維でできた人工の毛髪を薄毛の気になる部分に植えます。天然毛のように伸びることはありませんが、一度に植えられる量も多く施術後すぐに効果が実感できるという特徴があります。

もっと見る

原因を考える

男の人

薄毛に悩む人の中には、育毛剤を使っているという人も多いです。しかしなかなかその効果を実感できないという人も中にはいます。その原因は自分のタイプに合った育毛剤を使っていないことにあるかもしれません。育毛剤にはいくつかの種類がありますが、それぞれ薄毛の原因に合わせて異なる効果を発揮します。どの育毛剤を選ぶのかを考えるために、まずは自分の薄毛がどうして起こっているのかきちんと把握しましょう。
頭皮が油っこく、臭いも気になるという人は皮脂が多く分泌されることが原因で薄毛になっています。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まって毛が生えにくくなることや、たまった皮脂に細菌が集まり頭皮にダメージを与えていることがあります。そういった人の場合は皮脂の分泌を抑制するタイプの育毛剤を使用すると効果的に薄毛を改善することが可能です。このタイプの育毛剤を使用して皮脂の分泌を抑えることで毛穴の詰まりを改善し、頭皮の状態を正常に保つことができるので髪の毛が生えやすくなります。皮脂の過剰分泌の他に、ダイエットをしている人や偏食気味だという人の場合は栄養が十分に足りていないことが原因に考えられます。このタイプの人は毛母細胞活性化タイプの育毛剤を使用しましょう。栄養が十分に足りていない状態では毛髪が正常に作られませんが、この育毛剤を使用することで足りない栄養を補うことができるので、育毛の効果が期待できます。その他普段タバコを吸う人や、皮膚が硬いという人の場合は血行が悪くなっていることが考えられます。血行が悪くなると毛髪へ成分が行き渡りにくくなるので、血行を促すタイプを選ぶと効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加